労災事故に備えよう!一人親方の特別加入の基本雑学や加入対象などをご紹介!

このサイトでは、労災保険の加入条件の理解を深め、手続きの方法などの解説をしています。一人親方とはどのような制度かや、特別加入するための要件に加えメリットなどをご紹介します。労働時間中の事故は不意に起こるものです。どういった補償が受けられるのか家族への補償はあるのか、さらに保険料はどのくらい負担すれば良いのかといった疑問に答えます。このサイトを活用し、労働災害への補償について理解を深め万が一に備えましょう。

労災事故に備えよう!一人親方の特別加入の基本雑学や加入対象などをご紹介!

一人親方は、日常生活では聞き馴染みがない用語です。
労災保険では個人で仕事を請負う人や、労働者の使用日数が100日未満あるいは会社に所属するものの請負いで仕事をしている人などが一人親方として特別加入できます。
加入手続きは従前からある特別加入団体を通して行わねばなりません。
加入が認められれば、支給事由に該当したときさまざまな給付が受けられるので安心です。
業務による傷病の療養のため4日以上労働できなければ給付基礎日額の60%が支給されます。

一人親方の特別加入には任意の組合に属さなければならない

一人親方として働く場合であっても、一般労働者と同じような形で勤務するケースは少なくありません。
そうなると通勤時や仕事中に発生する怪我や事故のリスクは抑えたいですし、一人親方であっても労災保険に加入した方が安心感を持って働くことができます。
特に建設や運送業などの怪我や事故のリスクが高い業種で働いている場合は、その重要性は一層高まるでしょう。
ただ一人親方が労災保険に加入するにあたっては、特別加入という形で任意の組合に所属する必要があります。
そのため保険料とは別に手数料を支払う必要がありますし、所属先によって補償となる対象の範囲も変わってきます。
したがって仕事中の労災だからと言って全てが補償されるわけではないので、そこも注意した上で加入するかどうかを考えなければなりません。
現状では組合に特別加入している業種はまだまだ多くないので、一人親方がより安心して働ける環境を作っていくためには、今後も様々な改善や多様化が必要となってきます。

一人親方でも特別加入で労災保険の適応と成る!

日本全国では数多くの工務店や設計事務所があり、個人事業主というスタイルで経営をされているのが大半を占めています。
ここで経営をなさっている方のことを、通称・一人親方と呼んでおり、何でも自分で対応をしないといけません。
簡単に一人親方の概要を述べると、従業員が一切いないため、労災保険がないというのが決まりでした。
怪我をしないように業務に従事をするのはとても大変で、民間の保険会社では一人親方向けの特別加入商品を用意されています。
これの加入をすれば、どのような場面でも労災が適応されるので、安心して現場工事を実施できるわけです。
簡単に特別加入の条件を見ていくと、毎月1万から2万円までの掛け金を支払うのが基本となっています。
公的な保険だとひと月5000円以下なので、あまり金銭的な負担はないものといえます。
一人親方ではなく、スタッフが2名以上いたら対応されますが、それが実現しない場合は民間の適応が最適です。

一人親方特別加入の申請は厚生労働省の特別加入団体一覧表を参考にしよう!

一人親方特別加入の申請をしたい場合には、特別加入団体を通して申請することが必要です。
そのために申請を希望している人は、自分がどのような組織を通して申請ができるのか、確認することが必要になります。
日本には全国各地にこのような団体があるので、その中から目的の組織を見つけることが必要です。
どこの組織に申請をすれば良いのかわからない場合には、厚生労働省が提供している加入団体の一覧表を参考にすることもできます。
この一覧表に掲載されているのは、北海道から沖縄県で活動をしている各地方の組織です。
一人親方として仕事をしている人であっても、このような組織を通じて申請をすることにより、労災保険に加入することができます。
このリストには全国に存在する各団体の情報がいろいろと掲載されているので、加入を希望している人には非常に参考になります。
団体の名称もこのリストには掲載されています。
電話番号も記載されているので、連絡を入れることもできます。

一人親方の特別加入に関しては労働基準監督署にも相談可能

労災保険は、個人で事業をしている人でも加入できます。
このような場合に利用できるのは、一人親方の特別加入という制度です。
この制度を利用したい人は、労働基準監督署に申請することが必要です。
申請の方法がよくわからない人は、労働基準監督署に相談することもできます。
相談をすれば、一人親方の特別加入に関するさまざまなことを教えてもらえます。
申請書にはどのようなことを記載しなければいけないかも、教えてもらえます。
申請書に書く必要があるのは、申請をする人の名前です。
生まれた年や誕生日も、申請書に記載しなければいけない情報です。
おこなっている事業の内容についても、申請書には記載が必要です。
給付基礎日額についても届出が必要になります。
自分の給付基礎日額がわからない場合にも相談することができ、ほかにも不明なことがあれば聞くことができます。
申請を間違わずにしたい時には、あらかじめ一通りのことを相談しておいた方が最適です。

一人親方特別加入対象者①個人タクシー

特定の企業に属せず個人で自営業を営む、一人親方も特別加入制度の対象者となります。
個人タクシー運転者も同様であり、制度の中の名義では個人貨物運送業者および個人タクシー業者を含む旅客・貨物運送事業者に該当します。
一人親方などの団体に加入して、申し込むことが加入条件です。
旅客・貨物運送事業者には他にも、バイク便事業や軽貨物運送事業も含まれます。
保険料は算定基礎額に労災保険率をかけて算出するものであり、基礎額に関しては日額に365日(1年間)をかけることで計算できます。
日額が1万円として1年間にわたって加入した場合、算定額は365万円です。
ここに個人貨物運送業の保険率である1.4%をかけると、5万1100円となります。
組合費は団体・グループによって異なるため、吟味しつつ選ぶようにしましょう。
日額が選べる場合もあるため、無理なく利用できる額のものを選ぶことが大切です。
手続きには運転免許証のコピーや認印・銀行印といった基本的なものに加えて、事業実態確認書類も必要となります。

一人親方特別加入対象者②個人貨物運送業者

一人親方と聞くと、昔は建設業務に従事をしている方を指していた言葉でした。
ところが昨今では、個人事業主全般に言い当てはめるのが普通となっています。
自由な働き方ができるため、若い世代には支持をされる働き方で、これから一人親方になろうという方も少なくないわけです。
簡単にここでは、貨物輸送業者を対象とした概要を述べていきます。
貨物運送業者の場合、トラックを運転するのが基本となるため、公的な保険ではなく民間の特別加入の労災保険に加入をすることが可能です。
これは一人親方のなかでも比較的掛け金がお安いのがポイントで、毎月約1万5000円ほどになります。
なお、貨物輸送の場合の保障は計4種類となっており、入院・一時手術などの費用を賄うことは可能です。
特別加入にはなにも条件がなく、事業証明書と掛け金をおさめるだけで適用をされるのもポイント。
年一回の更新となるため、更新を忘れないようにしないといけません。

一人親方特別加入対象者③船員の事業

一人親方特別加入の対象者といえば建設業のイメージですが、実は船員も加入できることはあまり知られていないのではないでしょうか。
実は雇用保険の法改正によって、船員保険制度と労災保険制度が統合された経緯があります。
その結果、いわゆる一人親方に対して特別加入が認められるようになっています。
加入できれば労働災害に備えができますし、万が一怪我をしてしまっても安心感が得られます。
従来の保険制度では保険が利用できなかった事業主も、法改正のおかげで入れるようになっていることが大きいです。
船は陸上とは違った怪我のリスクがありますし、海の上は不安定ですから、こうした保険制度が使えると助かります。
法律で規定されている事業に該当する仕事をしていることが条件ですが、一人親方でも入れるのは確かに魅力的です。
そして補償が手厚くて休業しても生活ができるほどの給付が受けられますから、家族もまた安心できるのではないでしょうか。

一人親方特別加入対象者④林業

知識や技能を持ち事業主や個人経営者として他人を雇うことなく一人で働くことを一人親方といいますが、一人で仕事をしていても事故などで怪我をすることもあるので多くの場合労働者災害補償保険に加入することになります。
加入する方法は難しいことはなく国の労働者災害補償保険に特別加入をすれば良いだけですが、問題となるのがどれぐらい費用がかかるかと言う点です。
林業を営んでいる場合も一人親方として特別加入が認められるので事故の怪我に備えて万全な対策を立てることができますが、月額の保険料については給付基礎金額によって異なるので注意が必要です。
給付基礎金額の額が高くなれば保険料額も上がるのでよく確認した上で加入した方が良いですし、共済会などに入る場合には入会費や年会費もかかります。
大きな事故による怪我など万が一に備えて殆どの人が加入している労働者災害補償保険ですが、月々支払う額はその人によって変わってくるので予めチェックした上で入ることが大切です。

一人親方特別加入対象者⑤医薬品配置販売

一人親方特別加入対象者として、医薬品配置販売業務に従事している人がいます。
一人親方と聞くと大工や建築業に従事地している人に受け取られがちですが、実際は個人タクシーや自営業のトラックドライバーなども含まれていて、その範囲は多岐にわたります。
一般的にはこれらの労働保険は、会社が雇用者と折半して加入することが基本であり給与明細を見ると各種社会保険の項目にあるはずです。
労使折半で仮に会社が倒産し失業した場合に、失業者がハローワークに届け出ることで一定期間ののちに失業給付として支給される仕組みです。
これによって当面の生活をサポートし再就職のための支援を目的に行われていて、実際にコロナ禍にともなう雇用不安の際にも活用されました。
一方の労災保険の場合は仕事中に事故によって働けなくなった場合に医療費や給付などでサポートする仕組みで、雇用保険と合わせて労働保険と呼ばれます。
このようなセーフティーネットが存在します。

一人親方特別加入対象者⑥産廃業

大きな会社に在籍をせず、自分ひとりで会社を経営する方が増加をしています。
その方に対する呼称が一人親方と言い、いまでは若い方が独立をして目指す方も多くなりました。
いまから一人親方になろうという方も多いでしょうが、どんな業種を指すのかを述べていきます。
以前は建設業に対して呼んでいましたが、現在は産廃業にも対応をしてます。
まず気をつけないといけない点は、労災保険に加入が出来ない点です。
公的なものは会社のスタッフにしか適応をされないのが理由になります。
代わりに一人親方に用意をしているのが民間の労災であり、特別加入対象者と呼ばれる。
産廃業を例にすると、現場で車両事故に遭ったり、産廃の下敷きになる事故を想定しているのがポイントです。
特別加入にはかならず掛け金が発生しますが、そのコストは毎月3万円前後となるのが基本となります。
一人親方は危険な作業になるほど、その掛け金はとても高くなるため、支払いもしっかりと把握することです。

一人親方特別加入対象者⑦土木解体業

一人親方特別加入は以下の条件を満たす事業者が対象となります。
従業員を雇用していないこと(ただし、労働者派遣法に基づいて業務委託契約によって派遣された従業員は含まれない場合がある)、労働者派遣法に基づく派遣事業者であること(業務委託契約を締結している場合)が該当します。
事業年度中において、売上高が1億円以下であること(所得税法に基づく事業年度に該当する期間)一定の要件を満たした従業員がいる場合には、労働災害保険に加入していることです。
土木解体業を行う事業者が一人親方特別加入の対象となるかどうかは、具体的な業務内容や事業形態によって異なります。
したがって事前に労働基準監督署や社会保険事務所に問い合わせることをおすすめします。
なお土木解体業を行う事業者が対象となる場合、完了した解体作業により加入期間は変わりません。
保険料は事業年度における売上高に応じて決定されます。
具体的な保険料の金額や加入に必要な手続きは、社会保険事務所や労働基準監督署にお問い合わせいただくか、厚生労働省のホームページを参照してください。

一人親方特別加入対象者⑧漁船の採捕業

昨今、ニュースや新聞で一人親方という言葉を多く見かけるようになりました。
これは個人事業主というスタイルで会社を経営されている方を指して折り、ほかに従業員がいないのがポイントです。
もともとは建設や左官業の方を対象にした呼称でしたが、現在では漁船を所有する漁師でも当てはまる呼び名となりました。
簡単に一人親方の概要をここで述べると、漁師なら特別加入で労災保険に入ることが可能です。
採捕業に従事をするという考えで保険会社は加入を認めており、計5つの労災に対応した商品を販売されています。
まず漁船を操縦すると、誤った操作で遭難をする可能性があるわけです。
さらには操業中に海に落ちるなどの危険もあるため、特別加入時の掛け金は毎月4万円と少し割高になるのが特徴になります。
常に危険と隣り合わせのお仕事なので、その分ほかの業種よりも高いコストで対応されているわけです。
実際に対応される際は満額なので安心を買えます。

一人親方特別加入対象者⑨大工や左官

一人親方特別加入対象者として認められているといえば、大工や左官が挙げられるのではないでしょうか。
基本的には建設業全般が対象とされているので、例えば電気工事をする人も加入が認められます。
一人親方は労災事故が怖いですが、特別加入の対象者であれば入ることで、手厚い補償が受けられるようになります。
それは大工も左官も同様ですし、一人親方であれば誰でも加入できる可能性がありますから、条件を確認したり検討することをおすすめします。
ケガや病気に関する治療の給付、休業した場合の給付基礎日額に準じる給付もあるので、本当に補償が手厚いです。
大ケガで障害が残ってしまっても補償がありますし、万が一の死亡事故の際にも、遺族補償があるので家族も安心です。
一人親方は、自分でリスクを想定したり注意を払わなければいけないので、集中力が求められますし高齢となると大変です。
万が一という可能性が年齢と共に高まることになりますから、こうした保険はなるべく加入した方が良いのではないでしょうか。

一人親方特別加入対象者⑩建築の原状回復業者

一人親方特別加入の対象者は、個人事業主や自営業者などの単独で働く方であり、以下のいずれかに該当する場合に限ります。
建築の原状回復業者の場合、対象となるかどうかは、業務内容や従業員の有無などによって異なります。
一般的に、建築の原状回復業者は、建物や施設の解体や改修、清掃などを行う業種であり、対象になることがあります。
ただし具体的な条件や要件については、所在地の労働基準監督署や社会保険事務所などにお問い合わせいただくか、厚生労働省のウェブサイトを確認しましょう。
一人親方特別加入には加入資格の制限があるため、詳細については事前に確認することをおすすめします。
雇用する従業員がいないこと(ただし、労働者派遣法に基づく業務委託契約によって派遣された従業員は含まれない場合がある)です。
労働者派遣法に基づく派遣事業者であること(業務委託契約を締結している場合)です。
事業年度中において、売上高が1億円以下であること(所得税法に基づく事業年度に該当する期間)、一定の要件を満たした従業員がいる場合には、労働災害保険に加入していることです。
これらの要件を満たしている場合、原状回復業者も対象となる可能性があります。
ただし具体的な条件や要件については、事前に労働基準監督署や社会保険事務所などにお問い合わせいただくことをおすすめします。

一人親方に関する情報サイト
労災保険の加入条件

このサイトでは、労災保険の加入条件の理解を深め、手続きの方法などの解説をしています。一人親方とはどのような制度かや、特別加入するための要件に加えメリットなどをご紹介します。労働時間中の事故は不意に起こるものです。どういった補償が受けられるのか家族への補償はあるのか、さらに保険料はどのくらい負担すれば良いのかといった疑問に答えます。このサイトを活用し、労働災害への補償について理解を深め万が一に備えましょう。

Search